--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

03.14

ガトー・ド・ボア ドゥ・ノール(ブライダルカフェ) アンブロワジー

今日は大阪人気スイーツを求めて大阪駅へ行きました

まずはハービス・エントへ。。。
ここの3Fにありますブライダルカフェにやってきました!!
ここでは奈良にあるパティスリー”ガトー・ド・ボワ”のケーキがいただけてしまうのです!!
DSCN5699.jpg

DSCN5700.jpg

お店はホワイトデーだというのに混んでなくてゆったりくつろげました~

私の目的はこちらのケーキを食べること

アンブロワジー¥630
DSCN5693.jpg

なんとこちらのケーキはオーナーシェフの林雅彦氏が’91年クープ・ドゥ・モンドで日本人初グランプリ受賞したときの作品なのです

まさか大阪でいただけるなんてと、このカフェを知ったときは幸せでした

林シェフは他にも1997年ドイツ製菓ワールドカップ・味覚審査1位 特別賞受賞など、輝かしい経歴をお持ちのすばらしいパティシエさんなのですorz ははー。。。
の大会受賞作品”ラ・ギャラクシー”もこちらで購入できます!
こちらも食したかったのですが、チョコチョコになってしまうのであきらめました。。。

続きは断面図とともに解説していきたいと思います
DSCN5698.jpg

コーティングのグラサージュと中のムースのビターチョコは、コクがある。
ほろ苦さが効いていて好きv
ピスターシュのバヴァロアを包んでいて、まったりとした甘いハーモニーが口の中に広がります。
下へ進むと。。。きたきた!!
フランボワーズのぺパンだ!!
口にフルーティーな香りが入ってきました*+
この酸味がちょっとしたアクセントになっていました。
でも、そんなにでしゃばってない(笑)感じで、品を感じました。
舌触りとしては、ピスターシュのつぶつぶとフランボワーズのつぶつぶがよく感じられました。

一番底になっているのはしっとりチョコスポンジ。
洋酒がやんわり、ほぁ~と広がる感じです。←洋酒は強くないです
(ごめんなさい、もっとうまい伝え方できたらいいのですが。。。。)

メリハリのある味とは言えません。
これが世界の味なのかというと私にはよくわからない。。。
なぜなら、昨年のクープ・ドゥ・モンドでグランドハイアットホテル藤本シェフ受賞したときのリヴェルテ・ソヴァージュとは同じチョコのガトーでも全く違うものだったのだもの。
私の好みからして言えば、リヴェルテ・ソヴァージュの方が味がはっきりしてるし、いろんな食感が味わえるので好きです。
お気に入り度★★★☆☆
それにしても・・・ケーキの外見は昨日紹介したグレゴリー・コレの”アプソリュ”とも似てますね(^^;)

ガトー・ド・ボワ ドュ ノール
大阪市北区梅田2-2-22ハービスエント3F
ブライダルカフェ内

今日のデッサン↓あぁ。。。今日はなんか雑です
DSCN5713.jpg


帰り際にぜひ1クリックを
今日もランキングクリックで応援していただけたら嬉しいです(0∀0●)
いつも応援してくださってる方ありがとうございます
これからもがんばります!

ランキング





スポンサーサイト

関西もの(大阪・京都・兵庫)
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。